ライスフォースvs米肌vsライースリペア徹底比較|価格、成分、使用感

化粧品比較

この記事を読むと分かること

・ライスフォースと米肌とライースリペア、どれが一番コスパ良し?

・成分はそれぞれどう違うの?

・それぞれの使用感は?

ライスパワー№11が成分に配合されている化粧品の中でも

 

選ぶのに迷ってしまうのが

・ライスフォース

・米肌

・ライースリペア

この3つですよね。

 

この記事ではこの3つの化粧品の、価格、成分、使用感から

 

おすすめの化粧品をお伝えしていきます。

 

ライスフォースと米肌をまず比較したい!という方はこちらの記事も併せてどうぞ↓

ライスフォースと米肌どっちを使うか迷って決めた3つの理由

価格が一番安いのは?ライスフォースvs米肌vsライースリペア

まず、比較するのにはっきりしておきたいのが価格です。

 

結果の表からご提示しますね。

 

全て1か月あたりの金額で、割引率(額)も最大にした場合の表がコチラ↓

 

ライスフォース 米肌 ライースリペア
洗顔 1,312円 1,173円 無し
化粧水 3,000円 3,666円 4,800円
美容液 3,750円 5,133円 6,000円
クリーム 3,000円 3,666円 4,800円
合計 11,062円 13,638円 15,600円

洗顔無し

※ライスフォース:4品以上定期で25%OFF

※米肌:定期で3回に1回本品プレゼント

※ライースリペア:定期で10%OFF

 

一目瞭然でライスフォースが一番価格が安いです。

 

定価だと分かりにくいので、この表でよーく比較してみてくださいね。

 

価格ではライスフォースが一番コスパ良し!

配合されている成分の違い

次に、配合されている成分を比較します。

 

比べやすいように化粧水の成分で比較しましたよ

ライスフォース、米肌、ライース 化粧水の全成分

ライスフォース

■成分
【有効成分】ライスパワーNo.11
【その他成分】水、エタノール、BG、DPG、濃グリセリン、グリチルリチン酸2K、DL-PCA・Na液、グリセリン、大豆リゾリン脂質液、ヒアルロン酸Na-2、植物性スクワラン、天然ビタミンE、PEG(120)、POE・POPデシルテトラデシルエーテル、POE(25)POP(30)、カミツレ油-2、粘度調整剤、pH調整剤、メチルパラベン
引用:ライスフォース公式
目的の効果は保湿、収れん、消炎作用です。

 

米肌

【保湿成分】
ライスパワーNo.11/ビフィズス菌発酵エキス/大豆発酵エキス/乳酸Na/グリセリン/ グリコシルトレハロース

全成分
水・BG・エタノール・グリセリン・ジグリセリン・グリコシルトレハロース・コメエキス・ダイズ発酵エキス・ビフィズス菌発酵エキス・EDTA-2Na・イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油・オクチルドデカノール・キサンタンガム・クエン酸・チオ硫酸Na・リン酸2Na・加水分解水添デンプン・乳酸Na・メチルパラベン

引用:米肌公式

目的の効果は、保湿、収れん、肌荒れ防止ですね。

 

ライース

有効成分
ライスパワーNo.11(米エキスNo.11)

その他の成分
水、エタノール、1,3‐ブチレングリコール、ジプロピレングリコール、濃グリセリン、トリメチルグリシン、メチルパラベン、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、2‐アミノ‐2‐メチル‐1,3‐プロパンジオール、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール(25E.O.)(30P.O.)、クエン酸ナトリウム、精製大豆レシチン、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、グリチルリチン酸ジカリウム、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル、植物性スクワラン、カミツレ油(2)、水酸化大豆リン脂質、アルカリゲネス産生多糖体、ショ糖脂肪酸エステル、天然ビタミンE、クエン酸

引用:ライース公式

目的の効果は、保湿、角層柔軟化、抗炎症作用などです。

 

成分は似ている、差は医薬部外品かどうか

どの化粧品も、保湿と抗炎症作用の成分が入っていて、効果的には似ています。

 

そこで差が出てくるのが、医薬部外品かどうかということ。

 

各メーカー医薬部外品の化粧品コチラ↓

 

ライスフォース 米肌 ライースリペア
洗顔 洗顔無し
化粧水
エッセンス
クリーム

医薬部外品とは?

医薬部外品(いやくぶがいひん、quasi drug)とは、日本の医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律に定められた、医薬品と化粧品の中間的な分類で、人体に対する作用の緩やかなもので機械器具でないものである。

予防効果をうたったり、医薬品よりは緩和だが人体に何らかの改善効果をもたらすものがこれに含まれる。

引用:Wikipedia

 

医薬部外品の化粧品ということは、

 

お肌に改善効果をもたらすと認められた化粧品(医薬品より効果は緩和)ということ。

 

成分は似ていても、配合量と効果に差があるということですね。

 

 

成分的には

 

医薬部外品が多いライスフォースとライースリペアが米肌よりおすすめ

 

ということです。

 

とりあえず米肌は除外かな。

ライスフォースとライースで一騎打ち!

実際に使ってみた使用感を比較

ライスフォースの写真

米肌の写真

 

 

では、実際に使ってみた使用感を簡潔にご紹介します。

 

使用感
ライスフォース 使用後の感じはライースよりもしっとり。

乾燥肌が気になる人は満足できる使用感です。

夏にはちょっと保湿感が強いかも。

私は、冬は朝晩で夏は夜だけで十分お肌がモチモチです

香りはそこまで強くない、いい香りです。少しアルコールの匂いがするけど気にならない程度です。

米肌 化粧水の使用感が苦手だった。肌にのせてもすぐに浸透せず、しばらくパッティングしないと乾かないのがウーンとなってしまいました。

伸びが良いといえばそうなのかもしれないけど。

美容液とクリームは良くて、塗った後は薄いヴェールがかかってバリアされている感じです。

総合的にはライスフォース、ライースには敵わないと思いました。

ちょっとアルコールの香りが強い。

ライースリペア しっとりするのにサラリとした肌感になってとても好み

香りもバラ花の香りがしていいかんじです。

サッと浸透してしまってすぐにサラサラになるので、夏でもストレスなく使えます。

ライスパワーを製造している会社なだけあって、有効成分であるライスパワー№11も多く入っているのかな?(価格がダントツ高いし)

 

では使用感が一番よかったのはどれか!

 

 

  1番 ライースリペア    

 

  2番 ライスフォース  

 

  3番 米肌   

 

 

この順でした。

 

総合的にはどれが1番おすすめか?

最終的にどれが1番おすすめなのかという結論を出しますね。

 

総合的におすすめなのは、ライスフォースです。

 

価格、医薬部外品の多さ、使用感を総合するとライスフォースという結論になりました。

 

ただ捨てがたいのはライースの使用感ですね。しっとりサラリの肌はとてもいい感じです。

 

どっちもトライアルがあるので買う前に使ってみてくださいね。

 

結論!

 

総合的にはライスフォースがおすすめ

 

ライースとライスフォースは比較してから購入が吉!

 

 

トライアルセットは公式サイトだけ!

↓ライスフォースはコチラ↓

ライスフォース公式

 

↓ライースはこちら↓

ライース公式

コメント